やみくもに営業をかけてみても

こんな経験はありませんか?上司にはっぱをかけられ、とにかく営業に走り回る。やみくも営業をかけ、そのうち当りが出れば良いんだ!といった具合に。でも、これでは本当に行き当たりばったりですし、アプローチできても商談成立できるかどうか、確率は低すぎます。

それよりも、的を絞り、出来る限り可能性の高いターゲットを見つけ出し、営業に時間をかける方が断然有利ですよね。そのためにSFAがあるわけです。SFAを使っていくと、次第に営業マンたちの営業方法、営業プロセス、そして営業ノウハウといったものが貯まっていきます。SFAと聞くと営業マンたちは自分たちの営業行動を管理されてしまう・・といった不安を持つようですが、実際には営業そのものの情報を蓄積するツールだということは分かっていくはずです。

これらの情報を分析することで、的を絞った確度の高い営業先、見込み顧客を見つけ出すことができるわけです。これこそが、SFAの本来の役割とも言えます。


No Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする