購買意欲が高まる時は?

「今は必要ありません」と言われるということは、後々必要になる可能性があるということ。新規の顧客を探していると、きっとこんな言葉を聞くでしょう。ただし、今も将来も必要が無い、という場合があることも忘れてはいけません^^

こういった用件をきちんと保存し、購買意欲が高まるタイミングをちゃんと計ることができれば、新規顧客獲得も夢ではありませんよね。

SFAを活用することで、このタイミングを確度高く知ることができます。それまでに多くの案件情報、営業プロセスの蓄積データが必要にはなりますが、しっかりとした入力を心がけることで、新規顧客獲得がしやすくなるんです。

最初のうちは入力作業に多くの時間を必要とするものの、データが蓄積し、良いタイミングで営業を続けられれば、成果は上がりSFAのメリットも感じることができます。自分はタイミングをいつも逃している気がする、あるいはタイミングがわからない、といった営業マンの方は、テスト期間を設けているSFAを試してみるのも良いかもしれませんよ。


No Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする