からくりがあります

No Comments

CRMの導入を考えるとき、やっぱり世界的に名前の通った会社のものを選びたい、と思いますよね。その方が安心しますし、何かあったときにもきちんと対応してくれそう、と思います。もちろん、対応も良いでしょうし、製品の質も信頼できるものでしょう。ただ、費用もそれなりにかかるということを知っておくべきです。

よく、1ユーザー1月数千円ですから無理の無い費用ですよ!と謳っているベンダをよく見かけます。確かに1か月の利用料金が1人数千円単位であれば、それなりにお得かもしれません。が、そこにはからくりがあるわけです。

実際にCRMを導入する際には、この運用前、運用できるように自社に合わせた製品のカスタマイズ、というものが重要になってきます。豊富な機能の中から自社で必要なものを選び、それらを自社のスタッフが使いやすいようにカスタマイズをしないといけません。またメンテナンス、追加の機能が出てきたり、さらなるカスタマイズをお願いしないといけないこともあります。となると、そのたびに数百万円から数千万円という費用がかかる、ということを知っておいてください。

どのような活用ができるの?

No Comments

急速にCRMの導入が進んでいるとは言いますが、では実際にCRMを何に使ったら良いのか、よく理解している人も少ないのではないでしょうか。

主に、CRMは顧客情報を一元管理しそれらを分析。顧客をランク分け、セグメントして、それぞれの顧客に最適な情報を提供する。そして顧客の満足度を向上させる、といった役割を持っています。

また、それぞれの顧客の嗜好、購入実績の情報が蓄積されているので、次の購入予想のメドもつきやすくなります。これに合った時期に最適な情報をメールやメルマガを送ることができるようになります。

さらには、自社サイト内をどのように動いたのか、足跡を知ることができます。どういった商品に興味を持ち、どの商品と比較をしたのか。どれくらいの時間、サイト内にいたのかなど。そして、コールセンターやお問合せなどを利用した際に、その顧客は自社製品についてどういった印象を持っているのかも、知ることができます。他にもベンダーによってはさまざまな機能を用意していますから、それぞれのサイトで見てみるととても興味深いですよ。

コミュニケーションの活性化も

No Comments

毎回の営業情報をSFAの営業日報機能にアップすることで、コミュニケーションの活性化が促されます。コミュニケーションの活性化とは、営業マンとその上司のコミュニケーションだけでなく、他の営業マンや他の部署の社員。あるいは経営幹部らともコミュニケーションを取れるようになるんです。

どういうことかと言うと、SFAは情報が入力されればその場で共有化されます。指定した範囲すべての社員が確認できますから、もし、上層部の幹部が「あの案件はどうなっているのだろう」と、SFAを開くことで、リアルタイムの案件の流れを目にすることができます。そこで、うまく行っていれば激励の言葉がコメントに残っていたり、壁にぶつかっていそうな時には、アドバイス的なコメントが入っていることもあるんですね。普段は顔を合わせないようなクラスの社員でも、SFAによってつながり、コミュニケーションを取る機会も増えていくわけです。

SFAはマーケティング部や在庫管理部などでも活用されますから、こちらの部署とも連携することで、コミュニケーションはさらに活性化されるでしょう。