リード案件とは?

No Comments

SFAについて紹介されている記事やコラムを見ていると、よくリード案件という言葉が出てきます。リード?何かわかりますか?

リードとは、営業の世界では見込み客のことを指しているそうです。なんとなく自社の製品に興味は持っていてくれているけど、まだ客ではない。接点は少しあるけど、まだ客ではない^^こういった、希望的観測ができる客のことを見込み客、リードと呼ぶそうなんです。なので、リード案件も案件にはなっていないけど、かなり案件化に近い状態のことなんですね。

SFAでは、新規顧客を獲得することが目的とされていますから、少しでも接点がある顧客を片っ端から探し、営業をかけていくことが最初の行動となります。そして、このリード顧客を探すための手段、これもSFAでは重要となってきます。

コラムやサイトでは、リード案件、リード顧客を得るための手段として、展示会の開催、セミナーの開催、ホームページを訪れた客の追跡、問い合わせからの追跡、電話、メール、ネット広告など、幅広い方法を紹介しています。

画像で保存、しかもテキスト検索できる!

No Comments

こんな名刺の管理ツールもあるんですね。Evernoteのことなんですが、名刺には会社のロゴが入っていたり、最近はホームページ、SNSへの誘導、会社の歴史などを知ってもらうためのQRコードが記載されているものも多くあります。

これを、単に会社名、担当者名、電話番号、メアドだけのテキストでデータ化するだけでは、名刺を100%使いこなしてはいませんよね。どうせなら100%使いこなしたい、そんな人はEvernoteがおすすめだと。

ただ、画像で保存したものをテキストで検索するには、多少の金額を上乗せする必要があるとのことですが、数千円単位のものなので、便利さと引き換えにするにも十分な金額と思われます。

名刺の管理ツールにもいろんなものがありますね。いろいろと調べると良さそうです。

もしかしたら、激変してるかも?

No Comments

最近、車を新しいやつに替えたんですが、その新しい車に替えて思ったのは ナビって便利!って言うこと^^今更何?と思われるかもしれませんが、最新のナビのすごさに脱帽しています。

勿論、前の車にもあったんですが、操作が今ひとつ不便で使っていなかったんです。でも最新のものにしたら、何て使いやすく、画面も分かりやすく、機能も行き届いていること!

で、思ったんですが、これが営業支援ツールのSFAだったらと。例え5年ほど前のものだったとしても、SFAの世界ではきっと古~い部類に入ることでしょう。その時には最新の機能と言っても、今となっては当たり前でしょうし、操作も画面の見やすさも格段に違っているだろうと。

なので、前にSFAを導入しても、その使いにくさから放置している会社の方は、同じベンダーが新しいシリーズや新しいツールを発売していないか、一度確認してみてはいかがでしょう。もしかしたら、劇的変化が起きているかもしれませんよ!