管理する対象が違います!

No Comments

SFAとCRMを同じようなシステムと思っていたことがあったんですが、とても分かり易くその違いを紹介しているサイトがありました。

そこには、管理する対象が違うんですよ!とあったんです。SFAが管理するのは営業そのもの。CRMが管理するのは顧客。とても分かり易く、その大きな違いが明確になりますよね。

SFAはよく、営業マンの管理システムであり、営業マンがとても嫌がるシステムだと聞いたことがあります。本来は営業そのものを管理していくシステムですが、考え方を誤って使うと、営業マンは今日どこの会社に行き、どんな営業をし、そして営業をどこまで進めることができたか。管理者はその結果のみを見て、営業マンの仕事ぶりを評価するんです。そう、これが営業マンの行動管理となっているんですね。

でも本来のSFAは、営業マンが営業中にどのような内容で営業を進め、相手はどのような反応を示したのか。営業を勝ち取った際、どういった話の進め方をしたのか。その逆についても、日報などを振り返って営業そのものを管理できるわけです。

参照URL

全員がすべてを見るわけではない

No Comments

名刺の管理サービスについて、疑問、というかセキュリティ的に大丈夫なの?という声を聞きました。それは、コマーシャルでもあったように、例えば社長クラスの方が他社の同じ階級の方の名刺をいただきデータ化したもの、それを平社員も共有して良いものなのか。

空気が読めない、というか社会の秩序、ルールを知らない社員がいた場合、自分が普段は会えない他社の階級の人物に勝手にアプローチをしようとすることもあり得ると思うんですよね。

でもこの勝手な心配は杞憂に終わりました。ちゃんとアクセス権限というものが備えられているようです。

どこの名刺管理ツールもか・・、と言われるとそこまではわかりませんが、ツール導入の際にこういったこともきちんと対応している、ということもポイントにツール選びをすると良いかもしれませんね。

名刺CRMとは

ノウハウの共有化とは?

No Comments

SFAを使うことでノウハウの共有化ができると言われていますよね。このノウハウの共有化ってどんなことかわかりますか?

営業マンは営業という職業に入った時から、自分なりの営業手法、ノウハウを身に着けてきています。しかし中にはそれがうまく作れなくて悩んでいる人も多いんですね。彼らをマネジメントする上司も、出来る営業マンとそうじゃない営業マンの能力を平均化できたら・・と思うことでしょう。そこでSFAが導入されるんです。

出来る営業マンもそうじゃない営業マンもSFAの日報機能を利用します。そこには、営業プロセスすべてを入力することになりますから、営業ノウハウも記録されていくわけです。出来る営業マンのノウハウをそうじゃない営業マンがチェックし、自分にも取り入れることで自身の営業レベルを上げる。これがノウハウの共有化ということなんですね。

ただ、出来る営業マンもそう簡単にはノウハウを提供することは無いと思われますので、その点はマネージャーの腕次第、といったところかもしれませんね^^

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-dounyu.html