営業マンって孤独・・

No Comments

そんな風に感じたことは無いのですが、営業マンは各個人で営業を進めるため、ある意味で孤独な職業なんだそうです。自分で営業先を決め、アプローチする。新規の顧客を探すには相当な労力、苦労が伴うでしょう。アプローチが成功しても商談を成立させるまでには戦略を細かに練る必要も出てきます。商談が成立すれば充実感もあるでしょうけど、失敗に終われば上司からも小言を言われ、むなしさも・・。

ところが、最近ではこういった営業が見直され、個人からチームへと変化してきているそうです。つまり、孤独な営業からチームプレイへと変わってきているんだそうです。

これはSFAという営業支援ツールが日本でも普及できたたため。スマホ、タブレットといったスマートデバイスが一般化し、SFAを有効活用できるようになったからなんですね。

SFAによって情報は共有化され、またリアルタイムで状況も把握できます。自分以外の営業マンの営業情報を確認しながら、また自分の営業に関しても他の営業マンが把握してくれることで、孤独にならずに営業を進めることが可能となるんですね。

顧客管理ソリューション

定着させることが第一なのです

No Comments

SFAはただ導入しただけでも何も効果を得ることはできません。しっかりと運用し、社内に定着させてしばらくしてからその効果を発揮できるわけです。導入してから入力作業、他システムとの連携、使い慣れることができ、継続運用してこそ、というわけですね。そこまで時間と手間がかかるため、SFAを導入しても思った効果が無かった・・、コストだけかかってあとは放置状態、意味が無かった・・といった声が出てきてしまうんです。

そこで、「SFAのプロが作った!業界初コーディネート型SFA!」と謳われたSFAを見つけました。Ecreaというシステムで、株式会社エクレアラボという会社が開発したものです。

このEcreaのポイントとして、プロが開発したシステムで運用の定着を最優先に考えられたSFAであること。それぞれの企業に必要な機能だけを導入するため、コストを抑え、画面もシンプルなものから始められること。そして初期の開設費用は無料であるため、初めてのSFA導入の企業でも安心して始められること。これらが挙げられていました。

詳しくはこちら

顧客情報を管理したければ

No Comments

営業支援ツールには、代表的なCRMというものがあります。顧客をきちんと管理することで顧客それぞれに最適な情報を提供し、またアップセル、クロスセルなどを行うことで、企業も潤う。顧客と企業がウィンウィンの関係になれるとも言われています。

また、SFAも営業支援ツールのひとつであり、こちらも営業活動を効率的に進めることができますが、CRMの顧客中心ということではなくて営業活動全体における支援をするサービスとなっています。

企業のトップが、他の会社でCRMを導入したことで売り上げが拡大した!という噂話を聞くと、ぜひ自社でも!となりますよね^^でも、本当に自社に必要なのがCRMなのかそれともSFAなのかは、自社で必要なこと、課題になっていることをしっかりと洗い出し、見極める必要があるんですね。

顧客情報が社内でバラバラに管理されているため、一元管理して社内すべてでその情報を共有し、営業に活かしていきたいという目的が見えたら、CRMを導入すると良いでしょう。

https://knowledgesuite.jp/service/crm/marketing.html