相性も大切

No Comments

SFAの導入には、SFAを提供している会社のスタッフとの相性も大切だと思いますね。お店に行った時などもそうではありませんか?たまたま対応してくれた人が、自分が聞きたいことや希望していることをとことん聞き入れ、それに合った商品の提案をしてくれる人がいるかと思えば、そうじゃないんだけど・・と、ちぐはぐな会話になってしまう人とか。対応してくれた人が悪いというより、相性、空気が合わない、といった感じ。それが長期に渡り、しかも多くの勉強が必要なSFAの場合、尚のことスタッフとの相性って重要なポイントですよね。

提供する会社によっては、最初に対応したスタッフがそのまま運用までということもあれば、ステップごとにスタッフが代わることもあるかもしれません。いずれにしても、遠慮しがちになったり対応に疑問がある場合には、スタッフの交代を申し出るくらいの意思が無いと、SFAを長く運用していくのは大変でしょうね。

提供している会社としても、導入方法、運用方法に関して経験も必要ですから、そして信頼関係を強くするためにも、積極的に意見を言って良いと思いますね。

マーケティングソリューション紹介

ここがポイント!

No Comments

CRMといった営業支援ツールの導入が広がりを見せていますね。しかし、市場は広がっていても実際に活用する企業ではその導入の仕方によってはCRMを遠ざけてしまっているところも多いとか。導入、そして継続利用が難しいと言われているんですよね。難しいからこそ、使いこなすことでライバル企業にも差が付けられる!と思ってくれれば良いのでしょうけど、なかなかそうもいかないようです。

よくCRM導入を成功にするためには戦略、体制、フォローの3つがポイントとして挙げられています。自社が何のためにCRMを導入し、何を課題にしているのか。結果的にどうなりたいのか、という具体的な目標などをハッキリ営業マンが理解すること。そして誰がリーダーとなり、誰がどういった役割を担うのか、明確に決めておくこと。そしてベンダーのフォロー体制の確認です。

これら3つのポイントを導入前から徹底的に話し合い、意思疎通ができるようになっていれば、導入成功へ近づくんだそうですよ。

http://knowledgesuite.jp/service/sfa-hikaku.htm

勉強会に意味があります

No Comments

SFAの導入には、どこかしら反発する声が出てくるものです。そこで、その声をできるだけ小さなものにするために^^管理者や経営陣はシステム導入の意味、目標、そして何がメリットでどこがデメリットなのか、すべてを社員たちに伝えることが重要となります。

SFAはとにかく最初に情報を入力し続けなければいけません。ここで断念してしまう会社も多いため、事前に勉強会を開き、とことん社員がSFAに対して前向きに捉えられるよう、サポートすることが必要なんですね。

実際に、事前の勉強会でベンダーからスタッフを呼び、SFAに関する様々な情報をもらい、またデメリットも聞いてからSFAを導入した企業では、何もしなかった企業に比べて全く社員の向き合い方が違っていたそうです。

そして、この勉強会は導入前だけで終わることなく、運用中も継続することが求められます。システムの拡張、新機能の活用術、他システムとの連携など、運用中でも新たな課題が出てくるんだそうです^^大変そうですが、それ以上の効果を得られるのであれば、頑張るしかないですね!

名刺CRM機能紹介 |GRIDY特徴 | KnowledgeSuite