ベンダーも考えています

No Comments

SFAが定着しにくいことは、SFAをサービスしているベンダーの方もよくわかっているようです。ですので、いかにしてSFAを使いやすくし、現場でも使い続けてもらえうようになるのか、日々考えているようです。

例えば、営業現場での工夫です。営業プロセスをSFAでは記録していくことができますよね。ところが、実際に営業マンたちを見ていると、営業現場で営業を行う時間というのが意外と少ないことがわかったんだそうです。つまり、営業以外の業務が多すぎて、営業自体ができていないとのこと。

そこで、営業以外で行う業務、例えば見積書、資料の作成、日報、問い合わせへの対応などをSFAで簡単に、しかも時間をかけずにできるようにしていったそうです。SFAを使うことで業務が効率化できるので、営業マンは喜んでSFAを使う^^という好循環が出来上がるそうです。

そして、日報においてはマネージャーの業務効率化も可能になるとか。あらかじめマネージャーが知りたいことを項目として設定しておけば、知りたい情報がいつでもどこでも取り出せるようになるというわけです。