漏れやミスマッチを防ぐことが可能になります

No Comments

紙の顧客管理を続けていると、必ずぶつかる壁が出てきます。それは記入漏れ、情報のミスマッチといったもの。また、記入する営業マンごと記載する内容も統一されていない場合が多いため、管理者が見ると「ここじゃないんだけどな、欲しい情報は・・」と落胆することもしばしばあるようです。

これらを救うシステムとして注目されているのが営業支援システムのCRMです。CRMを活用することで情報は一言管理されます。また、記入する際には管理者や経営陣が欲しいと思っている項目をあらかじめ設定しておくことができるので、欲しい情報だけを手に入れることができるようになるんですね。

項目の設定によって、営業マンは記入漏れを防ぐことができますし、顧客情報、案件情報と別々の紙に記入しなくても済むことになります。一度で記入が終われば情報のミスマッチを防ぐこともできますよね。

そして、CRMはクラウド上で保存されているので、いつでもどこからでも確認することも可能になります。リアルタイムで顧客の最新の状況を把握できるので、営業計画も立てやすくなるというメリットもあるんです。