顧客のための営業をすること

営業マンにも様々な性格の人がいて、取引先の担当者にも様々な性格の人がいます。ただ、営業マンの資質で大切なことは、顧客の為に営業を行っているか、と言うことのようです。

よく「今週中に何とかお返事をいただけませんか?」と、商談中の案件について結果を求めてくる営業マンがいますよね。しかし、これはこの営業マン自身が商談成立の確定を早く望んでいるだけであって、取引先にとっては何のメリットも無いんです。心根が優しい担当者であれば^^「じゃ~、今回はこれで良いですよ。よろしくお願いしますね。」と言って成立させてくれるかもしれません。しかし、そんな人ばかりではありませんよね。

営業マンが自分の都合だけで営業をしていては長続きはしません。常に顧客がどのような商品を欲しがり、どのような情報を欲しがっているのか。また、困っていることや不安なことがないか、これらを自ら聞いてそれに応えられる。相手の都合に合わせて商談を進められるような営業マンこそが、求められる営業マンと言えるのではないでしょうか。

No Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする