やっぱり入力が簡単であること!

No Comments

CRMの導入に際して一番のポイントは、やはり入力作業が簡単であること。これに尽きるようです。

入力が簡単ですぐに完了してしまうと、必要な情報は入らないだろうし、何よりもお金をかけて導入したシステムだからもっときちんと入力して欲しい、と思うのが経営陣の考えでしょう。でも実際にCRMを活用するのは営業担当者たちです。いくら有名企業がサービスしているCRMであっても、入力画面に行くまでに何度もクリックをしなければいけなかったり、入力には文章で箇条書きをしていかないといけないなど、操作効率が悪かったり文字入力の多さに営業担当者が嫌気をさす可能性もあるんです。

毎日、しかも一件ずつの入力作業が必要あるCRMは、やはり営業担当者には精神的な負担も大きいんですね。そのため、入力が簡単に終わること、例えば画面を開けばすぐに入力作業ができるもの、文章入力ではなくて項目チェックがほとんんどんほもの、このようなものを第一にポイントにして選択すること。これが結果的に長続きし、売り上げアップにもつながるそうですよ!

顧客のための営業をすること

No Comments

営業マンにも様々な性格の人がいて、取引先の担当者にも様々な性格の人がいます。ただ、営業マンの資質で大切なことは、顧客の為に営業を行っているか、と言うことのようです。

よく「今週中に何とかお返事をいただけませんか?」と、商談中の案件について結果を求めてくる営業マンがいますよね。しかし、これはこの営業マン自身が商談成立の確定を早く望んでいるだけであって、取引先にとっては何のメリットも無いんです。心根が優しい担当者であれば^^「じゃ~、今回はこれで良いですよ。よろしくお願いしますね。」と言って成立させてくれるかもしれません。しかし、そんな人ばかりではありませんよね。

営業マンが自分の都合だけで営業をしていては長続きはしません。常に顧客がどのような商品を欲しがり、どのような情報を欲しがっているのか。また、困っていることや不安なことがないか、これらを自ら聞いてそれに応えられる。相手の都合に合わせて商談を進められるような営業マンこそが、求められる営業マンと言えるのではないでしょうか。