情報の置き去りを防ぐためにも

No Comments

最近、営業情報の共有化、透明化が重要だと言われるようになってきましたが、このようなことに拒絶している方も多いのではないでしょうか。

とくに営業プロセス、商談情報を日報にすべて入力するSFAなどは、自ら営業スキルを明かすようなものですから、ベテラン営業マンにとってメリットがあるとは思えないようでしょう。

しかし、営業で得られた情報というのは企業全体の貴重な財産でもあります。もし、担当営業マンが仕事ができない状況に陥った場合、その引継ぎをどうやって行うのでしょう。引継ぎをしている間、取引先にも大きな迷惑をかけることになってしまいます。

さらに、現在の日本は終身雇用制が破たんしています。せっかく就職できても数年も経たないうちに辞めてしまう人も多くいる状況です。情報の共有、管理が部署内でしっかり行い、属人的営業による情報の置き去りを防ぐ必要があるんですね。

最初は簡単で扱いやすい機能から始め、SFAというシステムに慣れることからスタートすれば、きっとベテランの営業マンにも浸透していくはずです。