顧客にも安心感を与えることができる

No Comments

営業プロセスの透明化が叫ばれる昨今。なぜこのように透明化しないといけないのでしょうか?

営業マン側からすると、自分の営業プロセスや商談内容が透明化されることで、自分なりに今まで築いて来た営業方法や顧客との関係性がすべてほかの営業マンや上司にわかってしまうため、有難迷惑なツールでもありますよね。

ところが、この不透明性、ブラックボックス化した営業は今の時代に合わない。。透明化してグループ全体のスタッフが情報を共有していないと様々な点において滞ってしまうことになるんです。

もし一人の営業マンが急病で出社できなくなってしまったら、抱えていた商談を誰が引き継ぐことができるでしょう。口頭や紙ベースで営業内容を上司に報告していたとして、上司はどれだけの情報を確保できていたでしょう。これはほとんど期待できないものなのです。

危機管理という点においても、SFAなどの営業日報機能を導入し、営業プロセスすべてを透明化しておくことで、顧客にも安心感を与えることができるんです。

今年のCRMベストプラクティス賞を発表

No Comments

このような賞があったんですね。これは、企業と顧客が長い間に良好な関係を作り上げていく、といういわゆるCRMを使ってその成果が上がっている会社に向けて贈られる賞なんだそうです。多分、CRMをサービスしている会社が主になって行っているのでしょうね^^

15組の企業や団体が選出され、特別賞の「大星賞」が与えられたのが三井住友銀行リテールマーケティング部だったそうです。CRMって企業全体で利用することもあるかと思いますが、三井住友銀行など大企業の場合には部署ごと、グループごとで利用しているのでしょうね。

三井住友銀行リテールマーケティング部がなぜこの賞を受賞したかと言うと、「顧客目線でのシステム開発で銀行取引のスマホアプリを提供、新規口座獲得数の増加などの成果を上げた」とのことです。

SBI証券がフジサンケイビジネスアイ賞を受賞し、そのほかの賞、詳細については来年3月に出されるCRMベストプラクティス白書というものに載せられるそうです。

オペレーションセンターを新設

No Comments

ITアウトソーシングサービスを行っているトランスコスモスという会社が、クアラルンプールにある支社の拡張を行い、それに伴ってオペレーションセンターを新設したそうです。

クアラルンプールがあるマレーシアには、もともとトランスコスモスマレーシアという事業所を設けていたそうで、マレーシア以外の国の多言語センターとして新しくオペレーションセンターを作ったみたいですね。いま、インドネシアの経済発展は目覚ましいものがあり、世界各国もここに注目しています。なので、現地にコンタクトサービスができる場所を設けておくと、何かと便利ですよね。言語としては、マレー語のほかに北京語、広東語、そして英語に対応できるそうです。

また、このような多言語のコンタクトセンターのほかに「デジタルプラットフォーム戦略やCRM戦略の立案・実行支援、デジタルマーケティング」なども行っていき、地元最大のECモールの支援なども進めていくそうです。

LINE ビジネスコネクトと連携

No Comments

CRM関連のネットニュースを見ていると、よくLINEビジネスコネクトとの連携、というタイトルを見ます。

今回、LINEビジネスコネクトと連携をしたのはアドビシステムズ。アドビと言われると、私には思い出があるんです。まだパソコンを初めて間もなくのこと。なのに自分のホームページを持ちたくて^^そのころ、写真の加工ソフトと言えばアドビ。ホームページに撮った写真を載せたくて、アドビで加工してみるんですがちっともうまくいかない。。思うように行かないんですよ。しかも、ホームページはHTMLの知識が無いとカスタマイズもうまくいかない。。結局止めてしまい、簡単なブログをやることに^^

そんな、私の苦手意識だけが高いアドビさん。これがLINEビジネスコネクトと連携したことで、Adobe Campaignを利用している企業は、LINEを利用しているユーザーに「興味や関心に応じたメッセージやコンテンツによるパーソナライズされたキャンペーン展開が可能」となるそうです。

GEOCRM