シンプルで使いやすいシステムがまずは大事

No Comments

新システムの導入は、導入後すぐは社員のモチベーションも高いことから大きな期待が寄せられるものの、実際利用していく中で、ちょっとずつ不満が蓄積し、遂には放置・・ということもしばしば起こっているようです。これは営業支援システムでも言えることで、放置状態に置かれているものがかなりあると。。

その大きな理由が使いにくいこと。使いにくければ自分たちなりに努力して使いこなせば良いのでは?と思ってしまいますが、営業マンって面倒くさがりの人が多いんですって^^たぶん、毎日時間との闘い、という感じなのでしょう。新システムは良いけど、エクセルに日報を記入していくだけでやっとの営業マンの場合、初めて見る画面、どこにどうやって入力していいのかわからず、迷いながらやっと1件を終わったころには1時間が経過していた・・というケースもあるようなんです。これじゃぁ、面倒くさがりじゃなくても嫌になりますよね。

シンプルで使いやすい画面、まずはこれが新システム導入には欠かせない条件のようです。

優良な見込み客を探りだすには・・

No Comments

CRMでは顧客情報から情報を分析することで優良な見込み客を探りだすことが可能となります。企業にとって長くその企業の商品やサービスを利用してくれる客を探せるシステムなんて、本当にあったら嬉しいですよね。

しかし、システムを取り入れたからと言ってそれで優良な見込み客が割り出せるわけではありません。CRMを提供している会社では、様々な機能を使って多くの情報を取りこみ、それらから分析を行うわけです。ということは、その情報を入力する作業が重要となってくるわけですね。

情報を集めるには客がどのような商品を購入し、フォローメールにて再度購入があったのか。イベント情報を送りどのような反応があり、実際に集客できたのか。または、客の個人情報、購入履歴、購買意欲などなど。集まる情報は多岐にわたりますが、それらをガッチリ入力する手間は惜しんではいけません。。どんなに便利なシステムでも、やはり人の手があってこそのものなんですね。

SFA(営業支援システム)料金の特徴