『Salesforce』を導入しているシュナイダーエレクトリック

No Comments

シュナイダーエレクトリックは世界的な電機メーカーとして有名な企業ですが、ここ日本でも1962年の市場参入以来、ビジネスを拡大し続けてきました。2002年~2007年の間に傘下の法人数が 336 社から665社に倍増し、事業グループも100カ国以上に200を超える事業グループができたそう。さまざまな課題が出てくるのは当然ですよね。そこで同社は、抜本的な経営改革を行うため、セールスフォースドットコムの『Salesforce』を導入したのです。CRM基盤をSalesforce上に集約させ、各国拠点で営業スタッフが統合化されたCRMを活用できる環境をたった18 カ月で実現させたそうですよ。日本においても2012年末から、Salesforce の活用がスタート。おかげで「営業効率の見える化」「ビジネスユニット間のコラボレーション」「円滑な社内コミュニケーション」などを実現させました。Salesforceは同社の経営改革を牽引するツールとして、今後もますます期待されています。KnowledgeSuite

製薬/医療機器企業向けSFA『MRクイック』提供開始

No Comments

フィラーシステムズ株式会社は、アマゾンWebサービスを利用したクラウドサービスとして、製薬/医療機器企業向けSaaS型SFA『MRクイック』のLITE版と通常版の提供をスタートさせました。このSFAは、医療機関へ訪問する製薬/医療機器などの企業の営業部門向けシステムなんです。地図の現在位置から医療機関などの施設を特定してスムーズに入力をスタートできる他、必要な項目だけを選択してスピーディに入力することができるそう。また現場で地図の施設登録を行なうこともできます。施設情報が設定済のLITE版は、導入後すぐに利用を開始可能。通常版は、施設情報/製品情報/実消化データを提供すれば一括登録され、ユーザー企業個々の情報として利用可能になります。本部で製品/月別/MR/都道府県や市区町村などのエリアを指定すれば、その進捗状況をエクセル形式のMR別/製品別 進捗管理表にできるそう。この分析を次の新規受注件数などの予想に活かすこともできると思います。価格はLITE版が無料で、通常版が1ユーザー3000円/月です。まずはLITE版から試してみてはいかがでしょうか。